精神科の先生とのお付き合いのしかた




こんにちは。寒さにはめっぽう弱いポンキチです。

今日は精神科、心療内科の先生との日頃のお付き合いの仕方について。

先生にもいろいろいて、お付き合いの仕方をよく考えておかないと、うつ病はよくならないのでそのあたりをご説明。

病気もいろいろ、先生もいろいろ

一口にうつ病といっても、その程度や内容はさまざま。さら本人の性格や生活状況が関わってくると、症状として現れる様子もさらに様々になってきます。

それを正確に診断できるお医者さんてなかなかいないのが現状ではないでしょうか。

うつ状態で医者に行ったら双極性だと言われ、薬を飲むも改善せず、別の医者にいったら単にうつ病と診断され、薬が変わったなんて話もよく聞きます。

つまり、精神疾患は診断が難しく、医者の技量で薬が決められ、治療の経過もまちまちというのが現実のようです。

お医者さんによりどの症状がポイントで、どの薬で治療していくのかがまだ確立されていない状態のようです。

その結果イロイロな薬を試され、症状を診ながら手探りで探していくといった状況が多いと感じます。

必要な情報を伝える

まず必要なのが医者に正確な情報を伝えることです。

いつごろからどんな症状で困っているのか。思い当たる原因はなんなのか。日頃の生活はどうなのか。睡眠のサイクルはどうなっているか、などを伝える必要があります。

うまく聞き出してくれるお医者さんもいますが、わりかし適当に聞くお医者さんも結構多いです。

そのあたりは当たりはずれがあります。なんで、症状をメモなどに書き込んでおいて持っていくことをおススメします。

最少は苦しさのあまりワーッとあれこれを吐き出してしまいがちですが、お医者さんのキャパや考え方で間違って伝わることもあるので、冷静に話されることを心がけてください



日頃の付き合い方

通院するようになると、薬の効き具合に注視されます。

薬を飲んでるときは効き目で改善されているので、概ね大丈夫ですと言いがちですが、問題は薬が効いてない時や、副作用が出た時の状態です

飲んでどれぐらいの間は落ち着いていられるのかを、よく観察しておいてください。

それと副作用。最近はお薬手帳と合わせて、薬の効き目や副作用についての説明書を薬局でもらえるのでよく読んでください。

該当する副作用などがあればちゃんとお医者さんに報告してあげてください。

これを怠ると効かない薬に変えられたり、量の下限を変えられたりするので大切です。

このあたりのコミュニケーションが取れないお医者さんは危ないので、セカンドオピニオンを検討する必要もあるかもしれません。

重要なのは信頼関係

大切なのはお医者さんとのコミュニケーションと信頼関係です。

互いの目標は寛解状態への誘導です。そのために互いに努力しあう必要があるわけです。

薬ばかりにたよるお医者さんはちょっと疑ったほうがいいかもしれません。行動療法などの生活リズムを整えることも重要なので、そういったアドバイスをしてくれるお医者さんのほうが信頼できるかもしれません。

ここでとても大切なことをいうと、状態が少しいいからといって勝手に断薬や減薬をしないことです。

これをすると、お医者さんでも正確な判断ができなくなります。

くれぐれも勝手な判断での行動はやめましょう。

最後に

うつ病は不治の病ではありません。寛解という日常生活へ戻ることは可能な病気です。

それまでは何年もかかる場合もあります。僕もかれこれ7年になります。良くなったり悪くなったりを繰り返しています。

でも希望は持っています。最近薬も安定してきています。働く準備も始めています。

お医者さんとの二人三脚だと考えていますが、やみくもにお医者さんを信じてもいけません。

着かず離れずのいい関係を作っていくのが重要だと考えています。

ポンキチでした。




ABOUTこの記事をかいた人

元鬼畜経営者。ブログを通して病まない働き方や、モテるための恋愛論などを発信中。 うつ病持ちのブロガー見習い。新しもの好きの好奇心旺盛な56歳です。