障害年金申請には社会労務士さんにお願いしよう




こんにちは。うつ病ブロガーポンキチです。

うつ病とつきあってかれこれ7年以上になります。同じ病気で苦しんでる方も多くいると思います。

働けなくなり生活に困っている方も多数いらっしゃるでしょう。そんな方に役出つのが障害年金です。

今回障害年金を申請はじめたのでその経過をご報告します。

障害年金って何?

障害年金は、病気やけがで生活や仕事が制限されるようになった時に現役世代の方にも受け取ることのできる年金です。

大きく分けて2つあり、障害の原因のあった病気やけがの初診日に国民保険に加入していたか厚生年金に加入していたかで変わります。

国民保険の場合、障害基礎年金、厚生年金に加入していたら障害厚生年金になります。

それぞれ年金額のの違いと等級が違ってきます。

さてさてこの辺から少し難しくなってきます。

市役所の年金課に行って障害年金受けたい旨伝えると、上記初診日を尋ねられ、初心日にあった書類をポンと渡されて揃えて持って来てねと言われるだけです。

さて大変。それでなくてもうつで疲れている頭で、診断書の手配や初診日の確定など訳の分からんことでいっぱいいっぱいになってしまいます。

そんな時に頼りになるのが社会保険労務士事務所です。

社会保険労務士事務所って?

社会保険労務士さん(以下社労士)ってのは役所に届ける複雑な書類の整理や代行を行ってくれるお助けマンさんです。

例えば障害年金に関して言えば、初診日の認定や障害認定日の決定が重要になってきます。うつ病のばあい、最初に受けた病院とその後に受けた病院が違う場合なども多くあります。

そんな場合、最初の病院に連絡して初診日を確定させたり、次の病院で障害認定日を確認してくれたりといった煩雑な事務処理を代行してくれます

さらに診断書と合わせて提出する、病気の経過を詳細に記した申立書というものが必要になりますが、その内容に漏れがないかなどのチェック・アドバイスももらえます。

社労士さんの使い方

僕の場合、早く申請しなくてはと一番に市役所に飛び込み、用紙をもらい、診断書を書いてもらう手はずをしました。

結論としては先に社労士さんとこにいくべきでした。

病気の症状や診断書の内容により、障害年金申請が不受理になる場合が多々あるからです。

医者は病気の専門家であっても、役所向け書類の書き方の専門家ではありません。医者の心証で、自分が思っているよりも軽度な症状であると判断されることもあるからです。

また症状についても。精神疾患の場合、正確な数値化が難しいため、いくつかのチェック項目を設け、それに該当するかで判断されます。そのためあらかじめ症状を客観的に判断しておく必要があります。

障害年金を考えたらまず社労士さんに相談するとこからはじめることをおススメします。


気になる費用は

最近の社労士さんは着手金なしの成果報酬が多いようです。

それだけに、最初の申請に該当するかの判定が厳しくなっています。そりゃそうえすよね、イチかバチかのような申請では費用の回収ができませんからね。

費用は少々かかります。最初の事務手数料を除いて、成果報酬なので、今あまりお金がなくても申請は可能です。社労士さんも確実な案件しか受けないので、その点は安心しておまかせできます。

具体的な費用は各事務所のホームページなどに書いてあるんで参考にしてください。

最後に

社労士さんも仕事なんで無理な申請は最初に断てこられます。逆に言うと受けられたということは、確実に申請が通ると考えていいと思います。(たぶん)

うつ病で時間が7年以上経ってる僕にとって、申立書のヒアリングは苦しいものでした。思い出したくない時代のことを思い出し、いかに大変だったかをまとめなくてはいけないのでメンタル的に疲れました。

でもそいった面もよく理解して聞いてくださるので、安心して話すことができました。

最後に重要なこととして、一度「障害年金 社労士」でググってみてください。実際に受給を受けてる人の体験談や、審査に必要な条件が詳細にかいてあります。

それらを確認して社労士さんの扉をたたくのがいいかと思います。

今回書ききれなかったことも沢山あるので、引き続き報告しますね。

ではまた。ポンキチでした。




ABOUTこの記事をかいた人

元鬼畜経営者。ブログを通して病まない働き方や、モテるための恋愛論などを発信中。 うつ病持ちのブロガー見習い。新しもの好きの好奇心旺盛な56歳です。