うつ病暮らしは深い穴


 



こんにちは。うつで動けないポンキチです。

いや参った。ここんとこ調子悪すぎでブログ更新が滞っていました。

ネタは無くもないんですが、いざまとめようとすると、気持ちが沈んでしまい、パソコン開く勇気が出てきませんでした。

書くことは好きなのに

毎日ツイッターを眺めていると、毎日更新続けてる方が多くいて、ホント感心します。

同じような病気の方でも続けておられるので、根性あるなあと羨ましく思っていました。

人と比べるのがよくないと思いつつも比較して落ち込むといった負のスパイラルに落ち込んでいました。

書き始めて30記事ぐらいになったのかな、ちょっとした壁に当たった感じですね。

人生イロイロ、うつもイロイロ

一口にうつ病といってもその症状や状態は様々です。日々の生活もままならない状態から、一見普通なんだけど、ある状態になると身動きできない状態になるといったものまであって、判断の難しい病気だと言われています。

詳しい症状や分類などについては、今性格な資料がないので言及は避けますが、いずれ詳しくまとめて紹介したいと思っています。

何故うつの事を話したいかというと、すごく誤解や理解が多い病気だからです。

昔に比べて理解は進んだといえ、間違った解釈されがちなのも現状です。

一番ショックだったのはうつは完治しない病気だということです。ケガのように薬や時間が経てば治るということはなく、寛解といって一般の社会生活が送れる状態になるまでで、また何かのきっかけで再発するということでした。

一生この状態と付き合っていかなくてはいけないというのは、とても絶望的に聞こえました。


悪魔との付き合い方

服薬はじめてもう8年以上になりますが、調子のよい時と悪い時の波があります。

去年はハローワーク斡旋の職業訓練学校に4か月通いました。その間は、規則正しい生活がおくれ、寛解したんだと思っていましたが、卒業後仕事はじめて3か月でうつがぶり返すといった状態でした。

今年は短期間の仕事しかできない状態です

自分をだましだまし日々過ごしているといった状態です。

これからの目標

今の目標はいろいろありますが、まずは寛解に近づいて、日々着実に生きる事です。

そしてこのうつという病気を少しでも理解させることや、人がうつにならないようにする働き方や過ごし方を伝えていきたいと思っています。

またうつで苦しんでる人の助けになるようなコミュニティが作れればと考えています。

かつて会社を経営していたとき、何人もの社員を追い込んでいきました。うつ病になった社員もいました。

自分がなってみてこの病気の苦しさを知りました。

一人でも多くうつなんかにならなくて、健全な状態で暮らせることを心から願っています。

ポンキチでした。




ABOUTこの記事をかいた人

元鬼畜経営者。ブログを通して病まない働き方や、モテるための恋愛論などを発信中。 うつ病持ちのブロガー見習い。新しもの好きの好奇心旺盛な56歳です。